膣縮小

膣縮小とは

出産や加齢によって緩んでしまった膣を引き締める!

女性は加齢や出産などが要因となり、膣の緩みが生じてきます。出産経験者は膣壁も緩んでいるケースが多く、それは筋力トレーニングなどで引き締めることはできません。当院で行っている膣縮小術は膣の入り口だけでなく、膣壁も縮小しますので、出産前やそれ以前の状態まで修復することができます。デリケートな部分のお悩みですが、女性スタッフが丁寧にカウンセリングから行います。どうぞお気軽にご相談ください。

当院の膣縮小術はココが違う!

他院では、膣の入り口付近の筋肉を縫い縮めるだけの施術がほとんどです。当院では、膣の入り口はもちろん、膣壁(膣から子宮までのトンネル)の皮膚の切除縫合・膣を引き締める括約筋を縮めることで膣全体を縮小を実現できます。

多くのクリニックでは膣の入り口のみの縮小手術

当院では、膣の入り口と膣全体を縮小する手術

当院の膣縮小の特徴

特徴その1
膣の入り口だけでなく、膣壁も縮小可能。
特徴その2
手術は、局所麻酔で行います。(表面麻酔併用可能)
特徴その3
一度の施術で半永久的な効果。

このような方に向いています

  • 膣の緩みが気になる方
  • 年齢とともに膣が緩んで広がってきた方
  • 出産後に膣が広がったような気がする方
  • パートナーに指摘された方
  • 入浴時に膣内にお湯が入りやすい

施術の流れ

STEP
1

カウンセリング・診察

患者様の状態を診察した上で、ご要望や仕上がり等を時間をかけて細かくお伺いいたします。女性カウンセラーが担当します。

カウンセリング・診察
STEP
2

施術

局所麻酔をして治療開始です。
膣の入り口、内腔を挟めるように切除し、全て吸収糸を使用して縫合します。

施術
STEP
3

施術後

入院の必要はございません。日帰りで歩いてお帰りいただけます。シャワーは翌日から可能。

施術後
STEP
4

術後検診

吸収糸を使用しますので術後検診は特に必要ありませんが1〜2週間前後に一度ご来院をご案内しております。

術後検診
STEP
5

アフターケア

施術後、気になることがあれば、どんなことでもお気軽にご相談ください。腫れや痛みに対しても対応いたします。

アフターケア

施術について

所要時間 1時間〜1時間半
施術回数 術後の通院0〜1回
痛み 局所麻酔を行います。
ダウンタイム 腫れは1週間程度(個人差あり)
アフターケア シャワーは翌日より可能。入浴は1週間後から可能。
注意事項 1週間、飲酒や運動は控えてください。
1ヶ月間、性行為は控えてください。
術後、抜糸の必要はありませんが、1週間後に術後検診があります。
手術当日から翌日までタンポンを挿入して頂きます。

よくある質問

傷跡は目立ちますか?
膣の中を切除しますので、傷跡は気になりません。
今後の出産に影響はありますか?
膣縮小術は、今後出産の予定がない方におすすめしています。
術後の痛みはどれくらいですか?
痛みには個人差がありますが、処方する痛み止めで対応できる範囲です。

料金表

施術内容 料金 備考

※局所麻酔・処置代・お薬代として33,000円が別途必要です。

※表示価格はすべて税込です。

診療内容

インスタグラムスタッフアカウント
インスタグラム公式アカウント