眼瞼下垂(挙筋短縮法・タッキング法)

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、瞼を持ち上げる筋肉が、うまく機能しないために、顔を正面に向けた状態で眼を普通に開いた時に、しっかりと上まで持ち上げられず、瞼が瞳孔(黒目の部分)にかぶさった状態を言います。
眼瞼下垂の症状があると、無意識で眉毛を上げて目を開いたりして視野を確保しようとします。このような動作を日常的にすることで、額にシワができたり、頭痛や肩こりなどの症状がでてきます。
眼瞼下垂の原因は老化によって起こる老人性眼瞼下垂の他に、先天的にまぶたが開きにくい先天性の眼瞼下垂やコンタクトレンズなど普段の生活習慣が起因となる後天性の眼瞼下垂など多くのタイプがあります。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂の程度

正常

【正常な開眼】
瞳孔は完全に露出し、目全体は80%ほどひらいている状態。

正常

【軽度】
まぶたが下垂し瞳孔に少しかかり始めた状態。
視界がなんとなく狭くなったと感じられます。

正常

【中度】
まぶたが瞳孔の真ん中ほどまで垂れ下がった状態。
視界の一部がさえぎられ見づらい状態になります。

正常

【強度】
まぶたが瞳孔の中央を超えてさらに垂れ下がった状態。
視界の大部分が遮られるため、生活に支障をきたます。

眼瞼下垂の主な種類

➀先天性眼瞼下垂

生まれつきまぶたが下がっている状態の眼瞼下垂です。原因は、瞼を持ち上げる筋力が生まれつき弱かったり、発達不良、神経の発達異常などです。片方の目に症状がみられるケースが多く、下垂の度合いも軽度から重度まであります。

➁後天性眼瞼下垂

加齢やコンタクトレンズの長期使用・メイクや外傷などが原因で、目を開ける力がうまく瞼に伝わらずに瞼が下がっている状態の眼瞼下垂です。もともと生まれた時は正常だった瞼が徐々に垂れ下がった状態です。

➂偽眼瞼下垂

眼瞼下垂ではないけれど、眉毛下垂、眼瞼皮膚弛緩症、眼瞼痙攣などで一見そのように見える状態です。
※上瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の機能がある程度残っていれば、この筋肉を短縮することで瞼の開きを改善することが出来ます。

ご自身での判断は難しいため、気になる方はお気軽にご相談にご来院ください。

眼瞼下垂の治療法

眼瞼下垂の治療方法は皮膚側からアプローチする方法と皮膚の内側(結膜側)からアプローチする方法があります。当院では、皮膚を切らないで瞼の裏側から行うタッキング法(経結膜法)による眼瞼下垂修正も行っております。

挙筋短縮法(経皮法)

眠たそうな目元を解消。

挙筋短縮法(経皮法)とは、眼瞼挙筋を一部切除して全体を縮める手法です。重度の眼瞼下垂の治療が可能な治療法です。
二重のラインを2〜3cm切開し、眼瞼下垂の度合いに合わせて余剰皮膚を切除します。そのため、上まぶたのたるみも同時に改善することができます。

挙筋短縮法(経皮法)

当院の挙筋短縮法(経皮法)の特徴

特徴その1
埋没法よりも長期的な効果
特徴その2
頭痛や肩こりの改善にも効果的
特徴その3
黒目が露出することで目ヂカラがアップする

挙筋短縮法(経皮法)はこのような方に向いています

  • 瞳を大きく見せたい
  • 眠たそうな目の印象を変えたい
  • 目の開きが悪く視界が狭い
  • 左右で目もとの印象が違う
  • 眉を上げて見る癖がある

挙筋短縮法(経皮法)の施術の流れ

STEP
1

カウンセリング・診察

患者様の状態を診察した上で、ご要望や仕上がり等を時間をかけて細かくお伺いいたします。女性カウンセラーが担当します。

カウンセリング・診察
STEP
2

施術

局所麻酔をして治療開始です。
瞼の開き具合をみて行っていきます。
治療時間は約90分です。

施術
STEP
3

施術後

術後、日帰りでそのまま歩いてお帰りいただけます。

施術後
STEP
4

術後検診

術後5〜7日目に抜糸します。
※経過により抜糸までの日数は異なります

施術後
STEP
5

アフターケア

術後の大まかな腫れが引くまでには、1~2週間程度必要です。施術後、気になることがあれば、どんなことでもお気軽にご相談ください。腫れや痛みに対しても対応いたします。

アフターケア

挙筋短縮法の施術について

所要時間 約90分
施術回数 術後5〜7日目に抜糸が必要 ※経過により抜糸までの日数は異なります
痛み 局所麻酔を行います。
ダウンタイム 術後の大まかな腫れが引くまでには、1~2週間程度必要です。
腫れが引いて、完全な仕上がりになるまでには最低3ヶ月程度必要です。
※腫れがある間は、目の開きや二重幅が広く見える等の左右差を強く感じる場合がある。
皮下出血が出現するが、1~2週間程度で落ち着きます。
アフターケア シャワーは当日より可能ですが、患部を濡らさない様に注意してください。
入浴(浴槽に浸かる行為)は7日目より可能です。
注意事項 術後、2〜3日はできるだけ安静にしてください。
瞼の傷痕(切開痕)の赤みは、3~6ヶ月程度で落ち着いていきます。

タッキング法(経結膜法)

瞼に一切傷をつけない、結膜側からアプローチ。

タッキング法は、皮膚側からアプローチする切開法ではないため、軽度な眼瞼下垂で切開による手術に抵抗のある方へお勧めの手術です。中程度~重度の場合は、挙筋短縮法(経皮法)をお勧め致します。また、改善レベルには限界があり、元に戻る可能性があります。

タッキング法(経結膜法)

当院のタッキング法(経結膜法)の特徴

特徴その1
皮膚を切らないから傷跡が見えない
特徴その2
頭痛や肩こりの改善にも効果的
特徴その3
黒目が露出することで目ヂカラがアップする

タッキング法(経結膜法)はこのような方に向いています

  • 目の開きが悪く視界が狭い
  • 眠たそうな目の印象を変えたい
  • 治療はしたいけれど傷跡は残したくない
  • 眉を上げて見る癖がある

タッキング法(経結膜法)の施術の流れ

STEP
1

カウンセリング・診察

患者様の状態を診察した上で、ご要望や仕上がり等を時間をかけて細かくお伺いいたします。女性カウンセラーが担当します。

カウンセリング・診察
STEP
2

施術

局所麻酔をして治療開始です。
瞼の開き具合をみて行っていきます。
治療時間は約30分です。

施術
STEP
3

施術後

術後、日帰りでそのまま歩いてお帰りいただけます。

施術後
STEP
4

アフターケア

術後の大まかな腫れが引くまでには、1~2週間程度必要です。施術後、気になることがあれば、どんなことでもお気軽にご相談ください。腫れや痛みに対しても対応いたします。

アフターケア

タッキング法(経結膜法)の施術について

所要時間 30分
施術回数 0〜3回
痛み 局所麻酔を行います。
ダウンタイム 術後の大まかな腫れが引くまでには、2~3日程度必要です。(1週間様子をみる)
腫れが引いて、完全な仕上がりになるまでには最低1ヶ月程度必要です。
※腫れがある間は、目の開きや二重幅が広く見える等の左右差を強く感じる場合がある。
稀に皮下出血が出現するが、1週間程度で落ち着きます。
アフターケア シャワーは当日より可能ですが、患部を濡らさない様に注意してください。
入浴(浴槽に浸かる行為)は3日目より可能です。
注意事項 術後、2〜3日はできるだけ安静にしてください。
瞼の傷痕(針穴)は1週間程度で消失していきます。

よくある質問

治療後の傷痕は目立ちますか?
【挙筋短縮法(経皮法)】
術後の切開痕は赤みが出ますが、3~6ヶ月程度で徐々に落ち着き目立ちにくくなります。但し、消えて無くなる事はございません。
【タッキング法(経結膜法)】
術後は瞼の一部に赤み(針穴)が出る事がありますが、傷痕は1週間程度で落ち着きます。
術後の腫れはどのくらい続きますか?
【挙筋短縮法(経皮法)】
術後の大まかな腫れは1~2週間程度で落ち着きますが、完全な仕上がりになるまでには最低3ヶ月程度は必要です。また、腫れがある間は二重幅が広く見えたり左右差を強く感じる場合があります。
【タッキング法(経結膜法)】
術後の大まかな腫れは2~3日程度です。但し、完全な仕上がりになるまでには最低1ヶ月は必要とお考えください。また、腫れがある間は二重幅が広く見えたり左右差を強く感じる場合があります。
手術後、注意することはありますか?
【挙筋短縮法(経皮法)】
抜糸を7日後に行いますが、その間は濡らさない様にしてください。また、清潔を保って頂く為に手で触れる行為等にも注意してください。
【タッキング法(経結膜法)】
シャワーは当日より可能ですが、患部を濡らさない様にしてください。入浴は3日目より可能です。瞼を強く擦ったり、圧迫する様な行為には注意してください。

院長からの一言

眼瞼下垂の原因は様々ですが、近年患者様は増加しております。眼瞼下垂は目の開きが悪くなるだけではなく、額のしわや肩こり、頭痛の原因にもなります。気になる症状がある方はお気軽にご相談ください。

料金表

施術内容 料金 備考
挙筋短縮法(経皮法) 550,000円
タッキング法(経結膜法) 切らない方法 385,000円

※表示価格はすべて税込です。

診療内容

                                                                               
インスタグラムスタッフアカウント
インスタグラム公式アカウント