• ホーム
  • 当院が選ばれる理由
  • 診療内容
  • 料金一覧
  • クリニック案内
  • アクセス

陥没乳頭

電話する メール相談
日本美容外科学会 正会員
日本皮膚科学会 正会員
日本形成外科学会専門医
日本医学脱毛学会 会員
日本レーザー医学会 会員

院長のプロフィールはこちら

未成年の方へ

  • instagram
  • メール相談・カウンセリング予約
  • 刺青・タトゥー除去
  • 切らずに改善「ビューホット」ワキガ・多汗症治療
  • 傷あと修正治療
  • 医療レーザー脱毛
  • 目元のお悩み二重まぶた
  • 医療ピアス ボディピアス
  • 清潔感のある男を極めるメンズ脱毛

陥没乳頭とは

乳管を温存したい人のための陥没乳頭術。

陥没乳頭とは、乳房の中央で隆起している乳首が内側に入り込んでしまっている状態のことをいいます。女性の場合見た目の悩みに加えて、赤ちゃんに母乳を与えるのが困難になるなどの深刻な悩みにもつながります。当院の陥没乳頭術は、乳管を温存するため、乳管を伸ばすことで改善する施術法をご提案しています。

施術方法

当院だからできる「簡易治療方法」

  • 乳頭頭部を1箇所(1mm程度)切開します。
  • 乳頭の突出が十分な状態で縫合します。
  • 治療後は、再陥没を予防するため乳頭が突出した状態で癒着させるために器具で固定します。

軽度の場合

  • 乳頭頭部を2〜3箇所切開します。
  • 切開部の三角弁を側方に回して締めつけ乳頭を突出させて縫合します。
  • 治療後は、再陥没を予防するため乳頭が突出した状態で癒着させるために器具で固定します。

重度の場合

  • 陥没している乳頭を糸で引き上げます。
  • 乳管を傷つけないように乳頭を切開し、丁寧に剥離して陥没の癖を取り除きます。2枚の三角弁を挙上し引き寄せて縫合し、その上に乳頭を乗せて縫合します。
  • 治療後は、再陥没を予防するため乳頭が突出した状態で癒着させるために器具で固定します。

当院の陥没乳頭の特徴

特徴1
傷跡はほとんど目立たない。
特徴2
乳管を温存するので授乳に影響がない。

このような方に向いています

乳頭が内側に入り込んでしまっている方
将来の授乳に不安を感じている方
陥没によりかぶれたり、皮膚炎をくりかえしている方
周囲の視線が気になる方

施術の流れ

カウンセリング・診察

患者様の状態を診察した上で、ご要望や仕上がり等を時間をかけて細かくお伺いいたします。

施術

乳頭の基部を切開し、陥没の原因を解除して縫合します。
手術時間は約1時間です。抜糸は約7日後になります。

施術後

入院の必要はございません。日帰りで歩いてお帰りいただけます。

アフターケア

施術後、気になることがあれば、どんなことでもお気軽にご相談ください。腫れや痛みに対しても対応いたします。

施術について

所要時間 1時間程度
施術回数 術後の通院2〜3回
痛み 局所麻酔を行ないます。
ダウンタイム 腫れ(1週間程度)
アフターケア シャワーは翌日から可能。
入浴は抜糸後(1週間後)から可能。
注意事項 内出血・腫れ等が出る場合もありますが、時間の経過とともに治まります。

よくある質問

治療後は痛いですか?
個人差がありますが、痛みどめの薬で対応できる範囲です。
傷跡は目立ちますか?
ほとんど目立たないので心配ありません。
授乳に影響しますか?
重度の場合は、多少授乳に影響が及ぶこともございます。ご希望をお伺いした上で施術方法をご提案します。

料金表

施術内容 料金 備考
陥没乳頭手術 簡易法 100,000円  
軽度の方 300,000円  
重度の方 400,000円  

院長紹介

院長 東郷 智一郎 日本美容外科学会 正会員
日本皮膚科学会 正会員
日本形成外科学会専門医
日本医学脱毛学会 会員
日本レーザー医学会 会員
院長のプロフィール

アクセス

福岡博多駅前通中央クリニック福岡県福岡市博多区祇園町4−13
博多ゼネラルビル6階
博多駅より 徒歩8分
地下鉄「祇園駅」より徒歩3分
キャナルシティ博多より徒歩1分

アクセスマップ

  • メール相談・カウンセリング予約

PAGETOP